横浜でハンドモデルデビュー。
b0140250_21574256.jpg
b0140250_229173.jpg8月7日、横浜ランドマークホールにて、The 6th World Airbrush Competition in Yokohama (第6回 ワールドエアブラシコンペティション イン 横浜)※通称「WAC」(ワック)というエアブラシに焦点をあてたネイルイベントが開催されました。2年前のWACこそが私が初めて取材に行ったネイルイベントだったのです。あぁ懐かしい。あのときに見た、ジョイナー(皆様ご存知?)ばりの【長いツメとエアブラシアート】に「すごーい!」と驚いたっけねぇ・・・。
そんなネイル業界どシロウトだった私ですが、今となっては取材の中身もずいぶんと成長したような気がします。もうイベントを普通にレポートするだけでは飽き足らなくなってしまった私は(笑)、今回なんと、ハンドモデルになってしまいましたっ!

b0140250_22121286.jpg今回のイベントはWACの名の通りエアブラシアートが競技の中心。そこにポツンと表れた初めて耳にする競技名 【ドラマティックバリエーションネイル】(プロ部門)が。ええ?いったいなにがドラマティック??と思いますよね。この競技は、抽選で当たった初めて会うモデル(初めて見るモデルの爪)にフレンチスカルプチュアを片手60分間でつけるという内容。これは、ハッキリ言って難しい競技だと思います。通常、コンペに出場する際のモデルって自分で選ぶもの。そのモデルさんを相手に何度も練習をして本番に臨むんです。それが、その日会った人をモデルにしなくてはいけないのですから・・・この競技がいかに難易度高いか想像に難くないでしょう。逆にいえば、サロンに来たお客様に最高の施術ができるか という実践的な競技ともいえるのです。
b0140250_22382647.jpgこの、“主催者側が用意するモデル”というのに志願してみちゃったんです。ネイルスクールの生徒さんやサロンに来ているお客様などに声をかけてモデルを募ったそうです。
モデル志願者集合は10:40AM。まずは審査員の先生方による「モデル審査」です。数名の審査員に素爪の状態を吟味され、よいモデルとそうでないモデルの不公平を無くすような加点・減点をします。ハンディを決めるようなものでしょう。これに30分ほどかかりました。
次に、選手が抽選を行い、自分のひいた番号のモデルのもとに来ます。これで初のご対~面。
初めましての挨拶もそこそこに、とにかく手を見てサッとシミュレーションタイム。「この手にどうフレンチスカルプチュアをつけようか・・・・・」ということを考えているのでしょう。ファイリング、キューティクルの処理をしてひと段落したところで短いお弁当タイム。食事をサッと済ませて席に戻ったらこんどは本格的な下準備。13:30には事前審査(スタート前の段階で不正等がないかをチェックされる)。13:40競技スタート!
b0140250_22385077.jpg競技時間は60分。フレンチスカルプチュアはとても難しい技術なので、片手の5本を作りあげるのには少なすぎる時間。それでもやるしかない!私に出来ることは、ネイリストさんが施術しやすいように手・指の角度をタイミングよく調節したり、どんな動きを欲されているかを読み取ること。それには、自分も一緒にフレスカを作っている気持ちになること!そして、気を送ること。そのぐらいしかありません。とにかく集中!の1時間。
b0140250_2241986.jpg14:40競技終了。審査エリアに移動し、ずらりと一列に並ぶモデルの私たち。先ほどの審査員の皆さんが、それぞれの手に施された美しいフレスカを360度なめるように吟味して回るのです。これにかかる時間がかなり長い!競技中は緊張感で気にならなかった空調の温度だったのに、このときには体の芯まで冷え切ってしまうほど寒く感じていました。それでも、動けぬモデルたち。ううう。なかなかの苦行じゃー。でも審査員の先生方の真剣な目つきと、頑張ったネイリストさんのことを思うとそんなことは絶対に言えないのです。
b0140250_2253683.jpg競技に1時間、審査に同じ1時間をかけ、15:55からは来場者の皆さんが作品(って私たちの手のことね)を見ることができるお披露目タイムに。お客さんが列をなして、モデルの手をひとつずつ見ていくという不思議な光景。みんなが自分の手を見ては去り見ては去り・・・・。ちょっとした陳列物になった気分です。【ネイリストの作った作品】の先に人間がついている・・・という感じでしょうか。
お披露目が終わったら今度は、1人ずつ“手の撮影”です。記録として残しておくためのものです。60人ぐらいいたモデルひとりひとりに数カットずつ。これにまた並びます。
そして、撮影が終わったところでモデルとしてのお役目終了~!!!このときの時間はなんと16:30。集合時間からすでに6時間が経っていました・・・・。わお。

それでも60分というのはネイルコンペの競技時間としては短い方なんです。これが10本のフレスカだったら競技に2時間半はかかりますから・・・途方もなく長い拘束時間になってしまうんです。ネイリストも大変だと思いますが、本当に本当に、モデルさんは大変です!
これはネイリストに対する無償の愛じゃなければ何でしょうか! ネイリストさんたちの技術向上のために頑張るモデルさんたちの気持ちがほんの少しだけわかったような気がしました。なんと気高く神々しい気持ち・・・。本当に今回いい体験をさせてもらいました。
b0140250_232929.jpgそして、実は私を施術してくださったネイリストさんは、なんとプロ部門の総合(エアーフリースタイルと他種目の高得点種目との合計)で4位を獲得されたのです!!!!もしかしたら、このドラマティックバリエーションネイルの得点も良かったのかも!?と思い、とっても嬉しくなりました★


モデル話に終始してしまったので最後にWACの他の写真もお見せしながらちょこっとレポを

b0140250_236225.jpgb0140250_2355028.jpg●もちろんエアブラシの競技もいっぱいありました!やっぱりどの作品も芸術的。エアブラシを操るネイリストはまるでマジシャン。
●実はBGMに凝っていたWAC。なーんとネイルイベントにDJ出現!カッコイー!施術に一生懸命で誰もノッてないからさぞやりづらかったのではと勝手に心配。ちなみにこのDJさんは神保まり先生の息子さんだそうです。
b0140250_2362592.jpgb0140250_2363837.jpg●エアブラシアクセサリーという競技の作品のひとつ。自由な素材にエアブラシアートを施してアートセンスを競います。コーヒーのマグや、ハイヒール、ボトル、壁掛け時計などいろんなものがアートされちゃってました♪
●コンペ終了後、表彰式までの間に3ステージありました。私が見たエアブラシのショーもすごかった!ネイルアートとボディアートの競演でエアブラシの魅力満載。

=========================================

そんなわけで、真夏の横浜決戦、WACを今年はモデルとして堪能してまいりました!
ネイルブロガー根性出して、こうなったらあとはネイリストとして出場するしかないか!!??・・・・いや、それはナイです(笑)。

ハンドモデルに興味のある方も、そんなに忍耐強くないよ~という方も!
クリックで当ブログを応援していただけないでしょうか!
どんなハンドの方でもOKです★


[PR]
by nailexpo2008 | 2008-08-10 23:31 | ネ研的★イベント情報