【後編】アジアネイルフェスティバルを楽しみ尽くす。
b0140250_2313966.jpgb0140250_2331320.jpg







後編スタート。前編から読んでくださいね)
そういえばブースの方はどうなっているでしょう?
すっごい人混みですよね~。特に、初日は日曜日だったので家族連れ・彼氏連れなどが多く、男性と小さい子がいっぱいいました!ネイルイベントも家族で訪れるレジャーになりつつあるのかも!?どのブースも行列と人垣だらけでしたよ~。有名ネイリストのデモを間近で見たい人やお得なお買物に大興奮の人でものすごい熱気。
b0140250_2351084.jpgアートチップアワードの投票も行われています。一般の来場者が審査できる唯一のネイル協議。今回のテーマはアジアンビューティ。ネイルチップにありとあらゆる創意工夫がなされていて凄いです。既に爪かどうかもわからない作品もあったりして単純に見ているだけでも楽しめます!そして投票もしたら2度楽しいですよね★

b0140250_2362688.jpgb0140250_2364480.jpg







1日目ラストに開催されたRSPスペシャルライブは大盛り上がりでしたね~~!!
間近に見るRSPの迫力あるパフォーマンスに観客の皆さんは立ち上がってノリまくり。掛け合いもあったりしてまさにライブ。RSPが関西出身だからなのか、ココが関西だからなのか。とにかく、ネイルイベント史上未だかつてないステージだったことは確かです
メンバー全員が自分らしいネイルをそれぞれ施しているのが紹介され、「ネイルも自己表現のひとつ」としっかりアピールして下ったRSPの皆さんでした。
b0140250_2311037.jpg
これで会場巡りがひと通り終わり、イベントレポートもそろそろクライマックス。
ネイリスト目線で言うと、イベントとは、「コンペに始まりコンペに終わる」。今年はどんなドラマがあったのでしょう。コンペ結果を見て行きたいと思います。

b0140250_2313140.jpgb0140250_23131557.jpg







ここのところ盛り上がりを見せているスチューデント部門理容美容養成学校在籍者の部門)は、個人成績はもちろんのことですが、チーム対抗・学校対抗・応援団賞がかかっていて、プロ・ジュニア部門とはまた違った趣きの表彰式となるんですよ。今回はチーム対抗の1~3位、そして学校対抗の優勝もすべて中日美容専門学校のみなさんが獲得(学校対抗は2連覇)。お揃いの黄色いTシャツで埋め尽くされた表彰台は迫力ありました~。応援団賞は、学ランでYOSAKOIソーランを1曲踊り切ったアルファジャパン美容専門学校でした。
b0140250_2315952.jpgb0140250_23152260.jpg







おなじみ、ネイティフルコンテスト(ネイル・ヘア・メイク・衣装のトータル審査)は今回も華やかでした~。テーマはこちらもアジアンビューティー。全エントリーモデルがランウェイを歩く表彰式。着物・チャイナドレス・アジア系民族衣装・・・・のファッションショーが楽しめました。優勝したのは写真右の花魁スタイル。
b0140250_2318027.jpgb0140250_23182554.jpg







出場選手はたったの16名!というエリートネイリストの戦いアジアカップの種目はネイルケア(ナチュラルフレンチルック)でした。戦いの時間はたったの60分。はりつめた緊張が周囲に波動のごとく伝わる様が目に見えるようで、鳥肌が立ちました。すべての選手が自己最大の集中力を放出しているのですから、その辺り一帯はものすごいエネルギーの塊となっていたに違いありません。そのアジアカップを制したのはEXPO2006のグランドチャンピオン穂刈美保さんでした。一緒に表彰台に上がった仲間と手を握り合いながら号泣する姿は胸をうちました。グラチャンのその上を国内コンペで獲ることへのプレッシャーや努力は並大抵のものではなかったことがうかがえます。
b0140250_23333649.jpg年々レベルが上がっていると言われるジュニア部門。イーヨリちゃんも含め、ネイルを目指して学んでいる人がとても増えてきたのはとても喜ばしいこと。表彰台に上がった皆さんはとてもうれしそうでしたが、ここはあくまでも通過点。早くプロになって結果をだしたい!と既に未来を見て情熱を燃やしているように見えました。総合1位の大畠智恵さんはケア3位、スカ1位の文句のつけようのない成績。
b0140250_2335819.jpg
最後に、プロ部門。ネイルケアで1位だった大谷奈々絵さんがグランドチャンピオンも獲得。ちなみにケア2位、3位だった西沢希充子さん、星野優子さんがそれぞれ、総合の2位と3位でもありました。実はスカルプには3人とも10位以内に入ってないんですよね~。審査の際、ケアがどれだけ重視されているかがわかるというか、ケアを制すものが総合を制す!のかもしれません(あくまでもニコール的見解)。それにしても、何度見ても表彰式はドキドキするし、ジーンとしますねぇ。イベントに遊びに来た折には、ぜひ最後の表彰式まで見てからお帰りになることを強くお勧めします。
b0140250_2341442.jpg
これだけレポートが長くなってしまったのは、それだけ中身の濃いイベントだったからに他なりません。暑い大阪の、熱い2日間。湿気と熱気に酔いしれ、とってもエキサイティングでした!暑い夏のアジアネイルフェスティバルは、身が引き締まる寒さの時期に行われるEXPOとはまたちょっと味わいが違うものです。

最後にお願いがあります。
ネイル研究所。とは別の味付けでアジアネイルフェスティバルの模様を読むことができる日本ネイリスト協会ブログをぜひ読んでください。ブログを書いているのはJNA(日本ネイリスト協会)の方。イベントを作っている側から見ると、アジアネイルフェスティバルってどんなだったのかなということがわかって面白いです!。そして、私はそこに「愛」を感じました♪
b0140250_2351438.jpg


長いレポートを読んでいただいてありがとうございました★
大阪行った気分になったよ!と思っていただけたらぜひクリックを♪


===============================================
natiful life 更新しました★
「突撃!あなたの勝負ネイル」でございます。
ぜひ見に来てください!
[PR]
by nailexpo2008 | 2008-07-18 23:49